宮城県の情報 消防本部の組織
index
自主防災組織

 「自分たちのまちは自分たちで守る」
 大災害が発生したとき、交通網の寸断、同時に多発する火災などにより、消防や警察などの公共機関が十分に対応できない可能性もあります。そんなとき力を発揮するのが、「地域ぐるみの協力体制」です。実際に阪神・淡路大震災時には、地域のみなさんが自発的に救出・救助活動を行うことで被書の拡大を防ぎ、その後の復興にも大きな力を発揮しました。自主防災組織とは、地域の人々が自発的に防災活動を行う組織です。「自分たちのまちは自分たちで守る」という心構えで積極的に自主防災組織に参加し、災害に強いまちをつくりましょう。

1995年兵庫県南部地震による人的被害聞き取り調査による

現在ある町内会や自治会などの地域住民組織の防災部門を充実強化する。
無い場合は新設する。



町内会などの住民組織がない場合は、地域の条件を考えながら新しく作る。
組織のつくりかたは、街区などの一定の区切りでまとめたり、消火栓などの防災シンボルとなるものを中心にまとめるなどの方法がある。

プライバシーについて